1. TOP
  2. 売れにくいディーゼル車を高く売るコツはコレ!

売れにくいディーゼル車を高く売るコツはコレ!

買取査定 この記事は約 2 分で読めます。 887 Views

現在日本ではディーゼル車規制条約があり、乗りにくい、売れにくい車種となってしまっています。ディーゼル車規制条約には「自動車NOx・PM法」と「首都圏ディーゼル車規制条約」とありまして、この2つに対応していない自動車は走行してはいけない地域が存在するようです。その地域は、一都三県(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)の他、愛知県、三重県、兵庫県、大阪府となっています。

 

ただ、その他の地域でしたら乗る事も可能なようですので、該当しない人は安心していいのかと思います。

 
乗りにくい、売れにくいディーゼル車ですが、買取先が無い訳ではありません。やはり、ディーゼル車にもちゃんと買取専門店が存在してます。しかも、そこの業者はガソリン車を受け付けていないようです。徹底してます。ちなみに全国対応しているようです。

 
その一社だけでは不安な場合は、大手買取専門店にも査定を申し込んでみるのも一つの手です。先ほど「売れにくいディーゼル車」と言いましたが、実は海外では人気車種なのです。特に欧州ではガソリン車に比べ燃料も良く、地球温暖化を招く二酸化炭素の排出量も少ないと言う理由で、環境にやさしい自動車と人気が高いのです。それに西欧では乗用車の半分がディーゼル車になっているようです。

 
この様に、日本では公害の対象となっているディーゼル車も海外では人気者で、業者さんも海外輸出による利益でもうける事が出来ますので、大手の買取専門店などは扱っている場合もあります。それに、ディーゼル車は外国の輸出相場で評価されますので、好評かになる可能性があるようです。海外に窓口を持っている業者に頼むのが良いですね。

 
最後に、日本では公害の対象になっているディーゼル車ですが、イメージの違いで欧州では人気があるようです。環境というものに対してイメージで価値が変わると言うのも不思議な考えだと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自動車売却時のポイント

  • 車買取と下取り、どちらがお得?

  • 違法改造車の買い取りは

  • ディーラーの下取りは得なのか、、、それとも損をしてしまう?

  • 輸入車を売却する時にやってはならないこととは

  • 軽自動車は安定した中古車査定額になるその理由