1. TOP
  2. 新着記事

新着記事

  • 旧車、改造車、カスタム車の高価買取査定は

    旧車や改造車、又はカスタム車は一般人には価値が分かりかねますが、一部のマニアには堪らない魅力が秘められているものだと思います。その持ち主の思い入れやその自動車に丹精を込めた分の金額等、所有者にしか分からない価値があるでし […]

  • 事故車・故障車・不動車も買い取ってくれる

    事故車と言うのは修理に出さなければ走行が不可能な自動車のことを言います。嫌みやキズなどの損傷だけで走行可能な自動車の事は事故車とは言いません。不動車とは、その名の通り何を施しても動く事が出来ない自動車の事です。 では、故 […]

  • 電気自動車の仕組みと構造

    一般的に「電気自動車とは?」電気で走る車ということであり、英語で「Electric Vehicle」(Electric=電気、Vehicle=車両)です。私達は略して、「EV」と呼んでいます。EVというと、(ガソリンでは […]

  • 電気自動車メーカー各社の取り組み

    三菱の「iMiEV」は総電圧が330V、総電力量が16kWhのリチウムイオン電池を搭載して、最高速度が130km/hであり、航続距離は160kmとされていました。たぶん、今でもこの値は変わらないと思いますが、車両価格(バッテリー価格)については多少安くなっており、補助金を使えば何とか手の届く範囲に来ているのではないでしょうか?  対するスバルの「スバル・プラグイン・ステラ」では4人乗り乗用車の後部座席を外して、集配業務専用車両に改造し、総電圧が346V、総電力量が9kWhのリチウムイオン電池を搭載して、最高速度が100km/hであり、航続距離は80kmとされていました。

  • 電気自動車の購入と税金に関して

    電気自動車の場合も何種類か見て、性能・スタイル・乗車定員・電装品、及び価格など等を比較検討して購入するのが妥当でしょう。性能については航続可能距離(バッテリー容量)や電費、安全対策などが挙げられます。乗車定員は家族構成や使い道などを考慮して決定するでしょう、電装品は当たり前となってきているカーナビの機能/表示(見易さ)などでしょう。そして、価格は、性能・経済性と合わせて検討する必要があります。

  • 電気自動車の充電設備の種類

    電気自動車の充電は大きく分けて3つあります。自宅で行う「普通充電器」、出かけ先で充電する「急速充電器」(充電スタンド)、そして予め満充電したバッテリーと交換する「バッテリー交換」です。これらの詳細については次節以降で説明することとします。

  • 電気自動車とガソリン車の比較

    一般的に、電気自動車の電費はガソリン車の燃費の10分の1と言われています。しかし、近年のエコカーブームでガソリン車の燃費もハイブリッドカーに迫る勢いで向上してきているのです。特に、マツダの「デミオ」やダイハツ工業の「ミラ・イースト」などは30Km/?以上のガソリン車として注目を集めているのです。ハイブリッドカーの場合はガソリンとモーターの2つの駆動系を搭載しているので、ガソリンベースの燃費を求めることが可能です。

1 2 3