1. TOP
  2. ガソリン車から環境に優しい車への買い替えが促されています

ガソリン車から環境に優しい車への買い替えが促されています

エコカー 買取査定 この記事は約 3 分で読めます。 26 Views

ここ数年、車の買い替えを促す声が盛んに聞こえるようになってきています。

原動機の動力によって陸の上を走行する車両のうち、レールなどによらず運転者の操作で自由に進路と速度を変えることができるものが自動車です。最初に発明されたのは1769年で、フランス陸軍の技術大尉が製作した砲車だと言われています。

これは蒸気によって動く蒸気自動車で、前輪荷重が重過ぎて旋回が困難だったため、時速は3kmしか出なかったそうです。パリ市内を試運転中に塀に衝突し、自動車事故の第1号にもなりました。1900年頃にはアメリカで石炭ではなく石油を使った蒸気自動車が作られ、普及していきました。この頃はガソリン自動車よりも蒸気自動車のほうが騒音が少なく、運転も容易でした。

当初は蒸気自動車よりも劣っていたガソリン車ですが、その後の技術発達が著しく、油田発見によるガソリンの安価な供給にも後押しされ、次第に優位性を確立していきます。アメリカのフォード・モーター社がフォード・モデルTという大量生産が可能な車を開発したことにより、特級階級の乗り物だった自動車は一気に大衆化されていきます。

日本で国産車が初めて作られたのは1904年、山羽虎夫によるものです。その3年後の1907年には内山駒之助と吉田真太郎の2人によってガソリン車が10台作られ、さらにその4年後の1911年にはのちに日産自動車となる工場ができ、本格的に国産車の開発が始まることになります。初めて一般の人が乗れる乗用車が生産されたのは1936年で、トヨタによるものです。

ガソリンは燃焼する際、二酸化炭素(CO2)や窒素酸化物(NOx)などの有害なガスを多く排出してしまいます。増加したガソリン車による排気ガスはロンドンスモッグや酸性雨の原因となって健康問題を引き起こし、またその騒音は都市部を中心に多くのトラブルを生み出しています。

そこで、ガソリンに代わって電気によって動く電気自動車や、少ないガソリンで多くの距離を走行し有害なガスの排出も抑える技術を搭載した自動車が注目されているのです。

このような車への買い替えは補助金や税金の軽減などによって、優遇されています。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 車買取と下取り、どちらがお得?

  • 愛車の無料査定で最も人気なのはココ!

  • 軽自動車は安定した中古車査定額になるその理由

  • 売れにくいディーゼル車を高く売るコツはコレ!

  • 買い取り専門店とは

  • エコへの取り組み~エコカー補助金と減税