車を高く売る方法~コツ・裏技・テクニックを身につけて愛車を高く売却しよう!

長年自動車に乗る人もいれば、車検ごとに自動車に乗り換える方もいると思います。特に頻繁に自動車を乗り換える方にとっては、新しい自動車を購入するための頭金を確保するために、できるだけ高く自動車を売りたいものです。売却の方法は、新しい車を購入する業者に下取りとして購入してもらい、新車購入の差額分を追い金として支払う方法や、買取専門店に購入してもらう方法などがあります。中古車は一品一様なので、それぞれの買取店により、査定を受けることになります。

しかしながら、いくらお近くの買取店に査定をお願いするとしても、かなりの時間と労職がかかります。単一の業者に査定見積もりをしてもらっては、買い叩かれてしまいますので、複数の業者で査定を受けることが必要ですので、1社で1時間かかったとしても、数時間はかかることになってしまいます。また、中古車の需要は、お近くの買取店での需要のみでなく、日本国内、海外などさまざまな地域でありますので、より多くの地域での需要などを調べる必要もあります。自動車にもよりますが、買取店によっては、同じ自動車でも数十万円の買取価格の差が生じることもあります。

そこで便利なのが中古車一括査定サイトなのです。インターネットで家にいながら、自動車とご自身の情報を入力すれば、自動的に複数社からの査定情報を得ることができますし、やっかいな交渉などをしなくても済むのです。利用料金は無料ですので、損をすることもありません。最も良い条件で買取してくれそうな買取業者に出張見積もりをお願いして、買取価格を決定すればよいのです。お時間のない方などはぜひ利用されるとよろしいと思います。説明を参考にしていただき、高値での買取が実現できるよう、頑張っていただきたいと思います。

愛車を買取に出す最適なタイミングはいつ?

中古車の値段というのは時期やタイミングによって日々変動しています。例えば、4WDでパワーのある自動車が冬場の積雪量の多い時期に重宝されるなどがそれにあたります。しかし、積雪量の多い地方では、一貫して4WD車が必需品となっているため、常に需要は高いでしょう。

他には、現在自分が手放そうとしている車の需要があまりない買取店では、査定額もあまり融通が利かないでしょう。中古車買取店側に同等の車の在庫が余るほどある場合では、買取店側は査定額を上げてまで買い取る必要性がないため、査定額の交渉にもあまり応じてくれない可能性が高いです。

しかし、そのような点を踏まえて考えても、自動車というのは年式や走行距離が上がれば上がるほど価格は落ちていきますので、手放すタイミングを慎重になって考えすぎては、どんどん査定額が落ちていく事になります。愛車を手放すタイミングは、自分が売却したいと思った時に手放すのが一番という事になります。

その時に、一括査定をして最も高く評価をしてくれた買取業者が、おそらく一番高く買い取ってくれる業者なのだと思います。とはいっても、一括査定額のみで愛車の買取価格を判断するのは少し早いでしょう。一括査定額と実際に査定士に車を見せた際の査定額は違います。インターネット上だけでは中古車の全てを判断できないからです。

結果的に、その業者の言いなりの額で納得してしまわないためにも、最低でも数社に実際の査定を依頼して査定額を比べてみるのがいいと思います。

査定してもらう時刻で高く売れるという噂は本当?

自動車の出張査定で、よく言われることが、夜に査定をしてもらうと、細かなキズなども見えずに高額査定に繋がるということです。確かに、夜であれば細かなキズを見つけにくいかもしれません。

しかし、相手はプロの査定士です。そんなに甘い考えで、高値での買取価格が付くことはないです。私は買取業者の査定を受けたことがないので、わかりませんが、ウェブでの情報によりますと、小石程度のものが、車の天井部分にあたって、少々のキズがあったような場合でも、しっかり見つけてしまうそうです。ですから、夜の査定でもあまり効果はないと思ったほうがよろしいでしょう。

ただ、査定士の力量によるところが大きいので、未熟な査定士の方は、マイナスポイントを見極めるのが難しいということもあるとは思います。ただし、仮に小さなキズを見逃して査定価格を出してもらっても、後々、トラブルになる可能性もありますので、トラブルを回避する目的でも、査定はしっかりしてもらうほうが良いと思います。

査定を受けた方の意見でもあるのですが、細かなキズなどをしっかり見極めた査定士のいる会社が、最も高い買取価格を提示してくれるようです。しっかりした会社は後々のトラブルが発生しないために、しっかりと査定もするのです。そして、マイナスポイントなども全て理解した上で、適正価格での買取をしてくれると思ったほうが良いです。夜だからといって、査定もしっかりできないような会社は信頼できないと思ったほうがよろしいかも知れませんね。

愛車の走行距離と買い取り査定額との密接な関係とは?

自動車の買取査定項目は、多岐に渡ります。車のコンディションはもちろん、キズや年数、によりプラス・マイナス査定がされて、買取価格が決定されます。買取査定は総合的に判断されますので、特定の項目の状態が良くとも、査定額が大幅にアップすることはありません。

そして、査定項目の中で、最も重視されるのが、走行距離です。自動車を売る方にとっても、あまり走行距離が長いと、高く売れないことは暗黙のうちに了解していることだと思います。走行距離が短いということは車の寿命も長いという判断になりますし、逆に走行距離が長ければ残りの寿命も少ないと判断されてしまうわけです。

しかし、走行距離がどの程度査定に関係するのかは、細かく規定されているわけではありません。一般的な目安としては、軽自動車では、走行距離が1年間に8000キロとされており、普通自動車の場合は1年に10000キロとなっています。これを基準に決められていますので、基準以上に走行距離が多ければ、マイナス査定となります。

しかしながら、エンジンを良い状態に保つオイル交換などを定期的にされている自動車は、エンジンの性能も確保されていますので、査定時にプラスに働く可能性もあります。

そして、自動車は常日頃動かしていないと、状態が悪くなるとも言われていますので、ほとんど走行していないような自動車はマイナス査定になることも考えられます。自動車を趣味にされている方は、よく自動車に乗ると思いますので、上記のような基準を守る必要はないですが、少なくとも定期的なメンテナンスだけはしっかりするようにすれば買取価格も上がると思います。