1. TOP
  2. 走行距離と車の買取査定額の関係は

走行距離と車の買取査定額の関係は

買取査定 この記事は約 2 分で読めます。 18 Views
走行距離

自動車の買取査定項目は、多岐に渡ります。車のコンディションはもちろん、キズや年数、によりプラス・マイナス査定がされて、買取価格が決定されます。買取査定は総合的に判断されますので、特定の項目の状態が良くとも、査定額が大幅にアップすることはありません。

そして、査定項目の中で、最も重視されるのが、走行距離です。自動車を売る方にとっても、あまり走行距離が長いと、高く売れないことは暗黙のうちに了解していることだと思います。走行距離が短いということは車の寿命も長いという判断になりますし、逆に走行距離が長ければ残りの寿命も少ないと判断されてしまうわけです。

しかし、走行距離がどの程度査定に関係するのかは、細かく規定されているわけではありません。一般的な目安としては、軽自動車では、走行距離が1年間に8000キロとされており、普通自動車の場合は1年に10000キロとなっています。これを基準に決められていますので、基準以上に走行距離が多ければ、マイナス査定となります。しかしながら、エンジンを良い状態に保つオイル交換などを定期的にされている自動車は、エンジンの性能も確保されていますので、査定時にプラスに働く可能性もあります。

そして、自動車は常日頃動かしていないと、状態が悪くなるとも言われていますので、ほとんど走行していないような自動車はマイナス査定になることも考えられます。自動車を趣味にされている方は、よく自動車に乗ると思いますので、上記のような基準を守る必要はないですが、少なくとも定期的なメンテナンスだけはしっかりするようにすれば買取価格も上がると思います。

\ SNSでシェアしよう! /

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の注目記事を受け取ろう

走行距離

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自動車の売り方【中古車を高く売るなら買取査定】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 旧車、改造車、カスタム車の高価買取査定は

  • 自動車売却の基礎知識

  • 買い取り専門店とは

  • 車売却時のトラブルで気をつけたい5つの局面

  • ネットを利用した車の買い取り一括査定とは

  • ガソリン車から環境に優しい車への買い替えが促されています